合作の前に契約書を結ぶ

A社とB社がある項目を合作して、契約関係になりました。
その前に契約書を結ぶことが大切だと思います。

現代社会では、他人と付き合うことや、商品を購入すること、会社同士の合作など、全部契約書が必要と思います。
契約書を結んだら、相手を信じることになります。

信じることができないと、合作できません。
信じるから、契約を結びます。
万が一何かあったら、契約書は両方の間のもめ事を調和する根拠です。

だから、友達同士でも、兄弟同士でも、合作の関係になると、契約を結んだほうがいいと思います。
彼や彼女は私の友達ですから、契約を結ぶ必要がないでしょう。

そうすると、私たちの関係が悪くなるのでしょう。
そう考えたら、大間違いです。
自分と他人の利益を守るために、契約関係になる前に、契約書を結びましょう。

けれども心情的に、契約書の交換は、関係が近いほどやらないものです。
諾成契約ということでも取引は成り立ちますし、それが日本の商習慣でもあることは、まずは念頭に置いておきたいものですよね。

もちろん業務内容によっては、しっかりと契約書の取り交わしをすべきではありますが、契約書が全てということは不可能です。
書ききれない項目や予期せぬ事態の場合は、双方で協議の上、というのが大抵のやり方ですね。

ケースバイケースということで契約書に関しては、考えておけばよいのではないでしょうか。

«
»