自分にやさしくする

若い時に健康を考えずにお金のため一生懸命働きました。
年を取ったら、いろいろ病気になって、若い頃儲かったお金を病気完治のため使いました。

それは本当に残念だと思っていますが、大勢の人がそうしているのでしょう。
若い頃、体はまだ丈夫で、思い負担をかけても大丈夫だと、自信を持っている若者が多いでしょう。

なので、一晩遊んで全然寝ない若者の姿がよく見えます。
私も昔インターネットでチャットしたり、アルバイトしたりして、よく全然寝ない日がたまたまありました。
今はまだ30代になっていないのに、腰痛などがあって、もう若くないと感じました。

60代になったら体はどうなるのか、今でも心配します。
なので、これから自分をやさしくするつもりです。
自分に厳しくするのは、仕事の面だけにしますね。

身体については、労わりながら長持ちさせる作戦に切り替えます。
健康と肉体は消耗品と考えると、無理や無茶は出来ないのではないでしょうかね。
加齢とともに基礎代謝や基礎体力は、誰でも確実に低下していくということを否定しても、現実は老いには勝てないのです。

70代80代でも、マラソンなどのスポーツに励むお年よりもいますが、恐らく日頃からの鍛錬によって、消耗度合を最小限に抑えているのではないでしょうか。
某チャリティ番組の24時間マラソンも、挑戦者の年齢が上がっているのが気になります。

事故などなければいいのですがね。

«
»