目の疲れ

パソコンや携帯、テレビなど、モニターを見つめる時間がかなり多くなりました。
長時間見続けると、目が疲れます。
一定の距離で物を見続けることも、明るいものを見ることも目にはかなりの負担がかかるのです。

遠くのものを見るなどして、一定の時間ごとに目を休ませるようにしましょう。
目薬をさしたり、目玉をぐるぐる回して目玉の体操をしたりするのも疲れ目の改善に効果的です。

モニターを見る時間が長いことが原因でのドライアイという症状も増えています。
目に潤いが不足して、ショボショボしたり、ゴロゴロしたりします。

モニターを見るときに、目線が下に下がるようにすると、症状が軽減します。
姿勢を整え、椅子を高めにするなどして調整しましょう。
目の周りを温めることもドライアイの改善につながります。

視力が落ちてくると、裸眼で確認するときに、ついつい睨みつけるような表情になります。
これは相手にとっては、非常に不快であり、街中でも、特に男性同士では「見た、見ない」が原因でトラブルとなることがあるのです。
見たぐらいで怒る男性の狭量さに辟易する女性は、結構たくさんいるのですが、気付いていないのですよね。

さて、女子力という、やや意味不明な言葉が出回っていますが、それはさて置き、目の表情で女性は雰囲気が一変します。
これは美容整形でも言えると思いますが、一重まぶたを二重まぶたにしただけで、かなりかわいさアップですよね。

美容整形はちょっと勇気が必要ですが、目の印象アップと保護の後に、相談することにしています。

«
»