切り花を長持ちさせる方法

家や職場に花があるだけで、雰囲気が違います。
目で見て楽しみ、香りを楽しむ。花には高い癒し効果があります。

でも、切り花が楽しめるのは、ほんの数日。元気のなくなった花がそのまま活けてあると、かえってマイナスイメージです。

せっかくですから、できるだけ長い間きれいに咲いていてもらいたいですよね。
そこで、切り花を長持ちさせる方法を、いくつかご紹介します。

その一:こまめな水替え。
まずは、基本。
こまめに水を変えます。
一日一度は水を替えます。水は、水道から汲んですぐより、しばらく放置してカルキを抜き、常温になったものがベストです。花瓶も清潔に保ちましょう。

その二:水揚げを良くする。
花を買ってきた際や、水替えの際に、茎をカットすると水揚げがよくなります。
桶に貯めた水の中で、茎の断面積が大きくなるように斜めにカットするといいでしょう。

その三:漂白剤。
花瓶の水に、ほんの一滴の漂白剤を入れます。水の中の茎が腐れにくくなります。
水に浸かる部分の葉は、初めに取っておきましょう。

その四:置き場所。
涼しい所に置きましょう。
暑い場所、日当たりが良すぎる場所、冷暖房が直接当たる場所などは、花が早くしおれてしまうので、避けましょう。

簡単にできる方法で、花を長持ちさせ、花のある生活を楽しみましょう。
花の写真をホームページで公開することを趣味とする中高年が増加中なので、こういった情報は、ありがたいでしょうね。

»