企業精神と集団意識

企業精神はすべての職員が意識を持って、実行活動から現れた企業自身特定の性質、責任、宗旨、自体要求と発展方法です。
心を込めって育成する企業グループの精神と姿で、企業職員の観念意識と積極性の表現です。

企業精神は企業文化の核心で、企業文化に支配の地位を占めます。
企業文化は価値観念を基づいて、価値目標を原動力として、企業の経営哲学、管理制度、道徳風潮と企業イメージなどを含めます。

企業精神は企業の魂と言っても過言ではありません。
集団意識は企業内部の凝集力を形成する大切な心理的な要因です。

企業集団意識の形成には、職員誰でも自分の仕事と行為を企業目標の実現の一部分として、自分が企業の一員のために誇りに思って、企業の成績で自慢を感じます。

集団意識は企業の目標の実現のために努力する行為です。
ただし、最近の若者は、コミュニケーション能力に劣るというイメージがあるためか、人によってはコミュニケーション能力欠如を前提として接しているという意見もありました。

部署内でも確かに、言葉数の少ない同僚はいますが、それは個性と捉えると、こちらから情報を引き出すしかありません。
相手は生身の検索エンジンであると考えると、どういうキーワードなら欲しい情報が出てくるか、考えてみたら結構、楽しいのではないでしょうか。

周りに知られていなかった情報を引き出すことで、お互いが切磋琢磨出来る可能性もあります。

企業スポーツの世界

日本で何かの試合の中継を見る時、「この選手はどこの大学の学生です。あの選手のどこの会社の社員です」とよく耳にします。

最初はみんなが兼職することにびっくりしました。
ほかの仕事があるのに、いい成績も出すなんて、本当にすばらしいと思いました。

中国では、選手自体職業の1つになっていると感じます。
学生や会社員でありながら、選手として出場するのではなく、ほかの仕事がなく、選手の仕事に専念しているのが普通です。

選手たちは若い頃からスポーツに専念して、何十年間練習し続けて、試合に出て、成績を取ります。
年を取ったり、病気になったりして、続けなくなったら、選手を辞めます。

選手を辞めても、コーチになるなど、ほかにできることがないから、自分が専業してスポーツと関係ある仕事にしなければなりません。
働きながらアスリートとして生きることが、今の日本のベーシックな姿だとしたら、環境は良くないですよね。

スポーツ振興は形だけのものになります。
プロスポーツは、ある程度の盛り上がりを見せてはいますが、競技スポーツは国際的に統一されたルールの元でのことなので、スポンサー獲得が資金調達の基本になるのでしょうね。

自費で国際大会に参加するアスリートもいますが、資金的な援助が無いという理由で才能が潰されてしまうのは勿体ないことですよね。
国にとっても財産になるわけですから、アマチュアスポーツを支える仕組みを知りたいものです。

新入社員もとまどわない企業風土
リモートワーク対応の就業管理システム
今の時代はサーバーを利用した就業管理システムがトレンド。コストパフォーマンス優先ならコチラにお問合せを。
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«
»