規律的に生活する

小学校の頃に、誰でも毎日の勤務時間表を作ったことがあります。
時間表通りに朝何時起きて、何時に朝ご飯を食べて、何時に学校に行って、何時から何時まで宿題をして、何時から何時までテレビを見て、何時に休むなど、勤務時間表に従います。

実はその勤務時間表は一定的な科学性があります。
人間の体内に生物時計があります。

長期間規律的な生活リズムを持ったら、体内の新陳代謝を促進できて、健康的に生活できます。
もしこの生物時計が乱れたら、生活リズムも乱れて、新陳代謝も体内分泌も乱れることになります。

顔にニキビが出たり、女性の生理も乱れになったりして、病気になりやすい状態になります。
なので、健康のために規律的な生活をしましょう。

しかしこれは建前です。
規則正しくと言うと、それに神経をすり減らしてしまう人もいるわけです。
特に、几帳面で真面目な人は、一分一秒の遅れなどが尾を引くこともあるという話も聞いたことがあります。

日本では、義務教育によって、時間を区切ってやるべきことが決められている事柄に対しては、素晴らしい動きをするものですが、自由裁量を与えられると組み立てが出来ない人がいます。
そのような訓練を受けているわけですから、仕方がない部分もあるでしょう。

規律というのは、決められたことを守る上での行動規範のようなものです。
それに縛られ過ぎて能力が発揮出来ない人もいるということを、決して忘れてはならないのです。

«
»