健康的な食事

健康的な体をつくるためには適度な運動、質の良い睡眠、そして欠かせないのが栄養バランスの取れた食事だ。

私は夫の分含めて毎日三食自炊をしているが、使う食材のバランスには特に気を配っている。
とくにたくさんの野菜を使うことと、塩分の量。

野菜は近所にある大きな八百屋で新鮮なものを買うことに決めている。
旬の野菜をできるだけ使い、食事で季節の移ろいを楽しむことができる。

しかし悩みの種は塩分。
減塩料理をしようとするのだが、私は濃い味付けで育ってきたため、どうしても味が薄く感じてしますのだ。

生姜や葱、ゆずなどを使い、味付けのバリエーションを広げなければいけない。
主婦の腕の見せ所だ。

また最近では加工食品でも無添加なものも多く、時間がないときも質の高い食事を準備することができる。
健康的な食事を作るため、今日も買い出しに行ってこよう。

ただ、健康という言葉のチカラを盲信している人がいる。
何かと理由を聞けば、「健康だから」「健康のため」とは言うものの、ちょっと突っ込んで話を聞こうとすると、結局は、聞いた話をもっともらしく自己解釈しているだけの話。

つまり情報をかいつまんだだけの程度なのである。
それでいて健康を強調するのだから手に負えないのである。
テレビで納豆が良いと知れば、買い溜めする連中のほとんどが、その類であることは言うまでもない。

貯金ができるノウハウ

貯金を始める前、散財癖の治らなかった私は、お給料日前に口座にお金が残っていることなんてありませんでした。
でも今は、複数の口座に貯金以外でお金が数千円あります。
カツカツの生活になることはなくなりました。

それって、すごく心に余裕が生まれるんですよね。
貯金を始めてから、変えたことは、まず、自宅から最寄り駅まで自転車を使うのをやめました。
朝が弱いので、ついつい徒歩10分の道のりを、自転車で行ってました。
駅前の駐輪場は1日200円だったので、月に4,000円も浮きました。
頑張って朝起きること=自分に厳しくなること=散財をやめること。
そして、週3日はお弁当を持参するように頑張りました。
以前は、ランチにほぼ毎日出ていたので、毎日1,000円前後使ってました。
OLっぽいけど、太るし健康にも良くないしお財布にも良くない。
ちょうど職を変え、新しい職場の女性はみんなお弁当持参だったので、やりやすかった。
とにかくめんどくさがりやで、お料理も好きじゃなかった私も、なんとか人並みのことは出来るようになりました。
週3日お弁当、週1日会社の近くで売ってる350円弁当(とっても美味しい!)、週1日サラダとおにぎり。
18,000円ぐらいは浮いたと思います。
それから重要な点として、コンビニの利用を控えました。
コンビニって、無駄なものも買っちゃうし、高いし、便利だけど恐ろしい場所ですよね。
前は毎日行っては、コーヒーやお菓子を買ってました。
今考えると恐ろしいです。
お菓子なんかもスーパーで食材と一緒に買うようになりました。
以上、お金に関してゆるゆるだった性格をなんとか矯正していたら、お金が貯まっただけでなく、体重が減るという副産物まで!!
健康的な生活になったんですね。
一石二鳥です。
引き続き、無駄遣いをとことん削れるように頑張りたいと思います。

«