だし

美味しいだしが引いてあるだけで、お料理はうまくいったも同然です。
粉末やパックのだしが手軽で便利だから、と使っている方も多いかもしれませんが、夜寝る前に昆布と干しシイタケを水につけておき、翌朝かつお節を加えるだけで、うま味と香りがいっぱいのおいしいだしが引けます。

やってみると、大した手間ではないことが分かります。
干しシイタケや昆布は、だしを引いた後、お料理の具材として、無駄なく使いましょう。

粉末のだしを自分でつくることもできます。
頭や腹わたを取り除いたいりこをフライパンに入れ、弱火で煎ります。

香ばしくなれば、皿などにあけて冷まし、ミキサーで粉末にするだけです。
鰹節や昆布の粉末だしも同様にして作ることができます。
末なので短時間でだしがでますし、材料を余すところなく食べられるので、おすすめです。

世の中、便利なものが増えたので、大事な工程を知らずに製品や商品だけを見てしまうのは仕方がない事かもしれませんが、物事を一面だけで捉えてしまうクセが付いているような気がします。
多面的に見ることで、得るものがあったり、他人とは違う知的満足度も向上するはずなのです。

そもそも日本の教育は、教科書という手本がなければ勉強出来ないと思わせるところからスタートします。
成人まで続くのですからねいきなり社会人として働いて、自ら仕事をしていくことが困難なのは、解り切っていることなんですよね。

ダイビングコーチ
良い手本を示すダイビングコーチは石垣島在住
石垣島の海を知り尽くしたインストラクターが指導するダイビングライセンス講習
www.blue-water-divers.jp/

«
»