働くということ

小さな子どもに、働くという事を理解させるのは非常に難しいですね。

社会人でも働くことに意義を見いだせていない人も多く、国民の義務という責務を果たすがためだけに、社会に出ている意識も強いのではないでしょうか。

あまり難しく考えると、余計に答えが出ないと思うので、
・生活のため
・楽しいから
・自身の人間的成長の糧
などなど、いろいろな意見を持っていても、全く不思議な事ではありません。

ただ、働き方は多種多彩です。

日本では、ほとんどが企業に所属する「サラリーマン」として働いています。
働く時間が会社単位で決められており、会社の大きな目標によって、仕事が細かく分担されてひとりひとりに任務として割り当てられます。

当然、「やりがい」にも個人で温度差があるでしょうが、チームプレーを尊重することが出来るタイプの人は、達成時の喜びも大きいでしょう。
そんな日本企業でも、年功序列が崩壊し、能力主義的な人事考課制度の割合が増加してきました。

サラリーマンであってサラリーマンでない働き方も、認知が拡大しているのではないでしょうか。

一方で、会社のトップとして経営に携わる「事業主」の割合は、圧倒的にマイノリティな存在です。
どちらが良いのかは、個人の考え方にもよるでしょう。

人生の半分以上を、働くことに時間を割くことを考えると、適当にやるということは、人生も適当になるということなのかもしれませんね。
IT系の人材は不足しがちですので、サーバーのことを知るといいかもしれません。

»