上司と部下の関係

上司と部下という関係は、果たして、これからの企業マネジメントで必要な組織のあり方なのでしょうか。
コミュニケーションに気を遣うあまり、中間管理職が悲鳴を上げているそうです。

まずは肯定的な言葉を付けて、そのあとに注意する言葉を付けてあげると、気分を害さずに伝えることができます。
厳しくされて伸びるタイプは、情熱的な気持ちを持って仕事に臨んでいるので、とても指導しやすいでしょう。

厳しく指導されているときにふと褒められるととても嬉しくなり、それも成長の要素でもあります。
前者に比べると、上司としてはとても指導しがいがあるでしょう。

今は、若者に気を使いながら仕事をしていくという状況は、数十年前なら考えにくいものだったかもしれません。
ただ、これからの日本を支えていくであろう若者には、もっと熱を持って仕事に取り組んでもらえることが団塊の世代の希望ではないでしょうか。

悲しきかな、上司の言う事は絶対ではないと考えている若い社員も多いのです。
特に、体育会系の営業担当ベテラン社員は、かなり敬遠されてきているようです。
気合、根性などの精神論は特に嫌われますので、心当たりのある方は、考え方を変えた方がいいでしょう。

若者はドライですから、単純に能力では敵わないから精神論に走るのだと思われるだけです。
外資系企業との合併によって、一番冷や飯を食わされたのは、たたき上げの営業系管理職だったということは想像に難くないですよね。

オリジナル表札
材質や文字体も自由に選べる表札専門店の品質
www.hyousatsu.co.jp/

«
»