どこでも同じ心がけを

旅行シーズンとなると、大勢の観光客が訪れます。
最近では、外国人旅行者も珍しくなく、日本人以上に歴史ある場所を訪問しては、熱心に観て回るのが目につきます。

大抵、大きなリュックを背にしているイメージですよね、外国人旅行者は。
共通しているのは、携帯電話やスマートフォンを片手に、写真を撮りまくっている姿です。

思えば携帯電話にカメラ機能を搭載したのは、すごい発見だったのかも知れないですね。
しかし、人によっては、携帯電話で写真を撮られることに嫌悪感を示すそうなのですが、なぜだかわかりますか?

携帯電話をずいっと前に出して迫ってこられるのが鬱陶しいのだとか。
何となくわかりますね。
当たり前のように「写メ」という行動をとっていると思いますが、それが世間の常識というわけではありません。

写メぐらいで、と考えるのは、本来は自己都合によるものなのです。
特に観光地では、写真撮影の機会は大幅に増えるでしょうし、撮影の対象は人ではなく建物や風景ではあるでしょう。
ですので、惰性で人に向けるのは、一考の余地ありと思うのです。

それと音ですね。
シャッター音が、結構、耳障りなものです。
静かに観覧しなければならない場所でも構わずにカシャカシャとやれれば、たまったものではありません。

旅行にも最低限のマナーはあるものです。
タバコのポイ捨てなどももちろんご法度でしょう。

携帯灰皿を持参する、安全な電子タバコに切り替えるなどの配慮が、旅行を楽しいものにすることでしょう。
高速バスとかでは使えますね。

高速バスと旅の宿の予約
旅行のマナーは知られてますが高速バスにも乗車マナーがあります。快適な旅の約束事です。
夜行バス案内所.com/
関連:www.yurilarivista.net

縁起の良い木の表札
表札専門の書家による毛筆手書きで手作りする表札は縁起物として重宝されています
www.hyousatsu.co.jp/

翻訳者養成コース
英語通訳者養成コース、英語翻訳者養成コース、中国語コースあります
www.honyakuctr.com/

«